ペットケアサービス ルプリュでお世話させて頂いたワンちゃん&ネコちゃん&小動物さん写真や私のお気に入りの写真を掲載

ペットケアサービス le plus*(ルプリュ)
玲ちゃん(柴犬)の学びながら成長♪:クリッカー、コングについて

学ぶこと&遊ぶことが大好きな玲ちゃん♪

 

小さい頃に恐い体験をしたことでトレーナーさんと飼い主さまと

日々、学びながら成長しています。

 

玲ちゃんは、アイコンタクトがバッチリでクリッカートレーニングも

素晴らしく優秀なのです ^^

 

飼い主さまとの息もぴピッタリのようですね〜

 

ルプリュのお世話の時の遊び方はコングに玲ちゃんの好きなフードを入れて

あげてお部屋の中で隠して宝探しをしてもらうゲームをしたり、

ボール投げをしたり、マッサージやナデナデタイムを入れて

リラックスしてもらったりします。

 

フードについては飼い主さまとのお話合いでルプリュオリジナルフードを

与えても問題ないとのことなのでコングに入れるフードは毎回手作りして

持参し玲ちゃんに味わってもらいます♪

 

玲ちゃんと遊んでいるとアッという間に時間が過ぎていきます〜

今回もたくさん遊んでリフレッシュしてくれました!

 

ルプリュのオリジナルフードのたっぷり食べてくれてありがとうね ^^

 

 

 

*−−−−−*−−−−−*−−−−−*−−−−−*−−−−−*
【コングについて】

・ワンちゃんは社交的で好奇心の強い動物なのでひとりぼっちでの
お留守番の時は何かをせずにはいられません。

 

・噛むおもちゃを噛みたがるように教えてあげると家具や生活用品など
噛むことがなくなり家の中をめちゃくちゃにされることはない。

 

・お留守番の長いワンちゃんには1日分のご飯やおやつはコングに入れて
あげると退屈せずに楽しくお留守番出来ると思います。

 

・噛むおもちゃで遊ぶこともできます。 おもちゃ探しや持っておいでゲーム、
引っ張りっこゲームなど用途はたくさんあります。

 

・むだ吠えをするよりコングに夢中になる。噛むことと吠える事は同時に
できないのでおとなしく過ごす事を学びます。

 

・強迫性障害の仔にはとても有効です。
噛むことは強迫観念や衝動を発散するための便利な方法だと思います。

 

・分離不安や常同行動などにも効果的に予防できます。ある観念にとらわれ、
ある行為をせざる得なくなる神経症にも有効。

 

(強迫性障害) ある観念にとらわれ、ある行為をせざる得なくなる神経症。
ある考えにとらわれたり同じ行為を反復したり、
その行為をすることができないと恐怖を感じる。

 

(分離不安) 飼い主から離れてひとりぼっちになった時に落ちつかず

イライラして無力感を示す。

 

主に飼い主に依存しすぎることから、飼い主が留守中に分離不安となり
さまざまな問題行動を引き起こすことがある。

 

噛むおもちゃを大好きになれば飼い主さまとワンちゃん双方とも幸せです。

 

ただ全てのワンちゃんに必ず有効だということもありませんので、
その仔の性格、個性をよく観察して対処してあげてくださいね ^^

 

*参考文献

イヌのしつけがうまくいくちょっとした本(イアン・ダンバー著)

 

*−−−−−*−−−−−*−−−−−*−−−−−*−−−−−*

【クリッカーについて】

クリッカーとは指でボタンや板バネ自体を押すと『カチッ』と

音が出る 板バネをプラスチックで覆った手の中にすっぽり収まるサイズのものです。

 

簡単に説明するとワンちゃんが自主的に行う行動のうちの正解に近い行動に
『カチッ』とクリッカーを鳴らして徐々に正解の行動を引き出していく
というものです。

 

学習理論において、良いことが起こった直前の行動が強化(今後その行動が
発生する可能性が増えるということです)されるという考えがあります。

 

つまり、ご褒美がもらえたらその直前の行動が今後増えていく
可能性があるということです。

 

*参考文献
犬といっしょにクリッカートレーニングをはじめよう(監修/新居和弥)

*−−−−−*−−−−−*−−−−−*−−−−−*−−−−−*

 

 

ペットケアサービス ルプリュ(ホームページ)

 

ルプリュ写真館(お仕事ブログ)

 

光と風とやさしい生活*(暮らしブログ)

 

自分らしく生きる(シングルマザーブログ)

 

Bonjour un*(うちの仔*アンちゃんブログ)

 

facebook

 

twitter

 

Google+

 

Instagram

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pet-care.le-plus-petcare.jp/trackback/778
<< NEW | TOP | OLD>>